神楽殿建て替えで、上棟式

投稿者: | 2014年7月10日

長坂町白井沢の諏訪神社(小松誉氏子総代・氏子百二十人)境内の神楽殿の建て替えが進められ、七月五日、上棟式が行われた。

同神社の神楽殿は、昭和二十三年に完成し、老朽化が著しいことから、平成十九年頃から建て替えをするための話し合いが行われていたもので、今年、四月十三日の春の祭典終了後に旧神楽殿の取り壊しが行われ、着工した。

新しい神楽殿は、幅五・四㍍、奥行き五・四㍍で、旧神楽殿の一・五倍の広さ。今年の秋の完成を予定し、十一月二十三日の新嘗祭(にいなめさい)に、こけら落としとして神楽の奉納を予定している。