kigansai 1月6日、若宮の若宮八幡宮を会場にして「交通安全祈願祭」が開かれ、韮崎警察署員や韮崎交通安全協会会員、関係者など約60人が今年1年の無事故を願った。韮崎警察署(初原豊署長)と韮崎交通安全協会(豊田泰長会長)の主催。

式典後のあいさつに立った豊田会長は「交通安全協会として全席のシートベルト着用の徹底を呼び掛け、自分たちがまず無事故を心掛けること」と決意を新たにし、続いて初原署長は「高齢者の事故防止」や「飲酒運転の根絶」の2点を今年の重点にしていく意向を語った。

同警察署では「早めのライトの点灯」、「ハイビームの活用」、「反射材の使用」を推進し、事故防止を呼び掛け、飲酒運転の根絶には、ポスターによる周知で規範意識の向上を図ると共に、取り締りの実施を行っていくとしている。

◎韮崎の情報は韮崎ジャーナルまで。


カテゴリー: できごと韮崎エリア