tyakai

市立甲陵高等学校茶道部による新年恒例の「新春お茶会」が、1月14日、大泉町の金田一春彦記念図書館で開催された。

同日は、約20人の部員が参加して点前を披露したほか、和菓子と茶を70人分用意し、訪れた地域住民らは、高校生の入れた茶や菓子を楽しみながら、ゆったりとした時間を過ごしていた。

部長の栗林優希さん(2年)は、「日本の伝統文化である茶道の魅力を多くの人に感じてもらいたい」、「美味しいお茶を飲んでもらえるよう、一つひとつ丁寧に入れました」と笑顔で話した。

◎北杜市の情報は八ヶ岳ジャーナルまで


カテゴリー: くらし