unganjisetsubune 節分の2月3日、水神の雲岸寺成田講で、世界平和や無病息災などを祈願する毎年恒例の「節分会」が開かれ、約300人の参加者が詰めかけた。

今年は「特別年男」に東京都墨田区にある東関部屋の力士3人を迎えたほか、内藤久夫市長や年男、年女約60人が本堂正面の舞台から、厄払いをした約3000袋「福豆」を「福は内」と威勢の良いかけ声と共に投げた。

参加者たちは、豆を受け取ろうと手を伸ばしたり、「こっちに投げて」と手を振ったりする光景や、力士に駆け寄り、手渡しで豆を求める子供の姿も見られた。

◎韮崎市の情報は韮崎ジャーナルまで。


カテゴリー: できごと韮崎エリア