guitarcon

小淵沢町のスパティオ小淵沢で、4月30日、県立北杜高等学校ギター部(坂口奈央顧問)による「春風コンサート」が開催された。市内外から約180人が参加し、会場には、高校生が奏でる柔らかなハーモニーが響き渡った。

当日は、同校ギター部のメンバー24人が、高音から低音までの各音域のギターを使って、滝廉太郎の「春」や、演歌メドレー、情熱大陸などの全9曲を披露。

また、ギターの本体を叩いて太鼓のリズムを表現し、樽太鼓に合わせて八木節を演奏した「2つの日本の風景」では、軽快なリズムと息の合った力強い演奏で来場者を魅了した。

小淵沢町在住の佐藤和子さん(70)は、「八木節の演奏に驚いた。迫力がありとても素敵でした」と話した。

 

60代になったら家族に残す言葉を考える

文章制作から撮影、製本まですべてお任せでできる。

自分史マガジン

http://morinchu.jp


カテゴリー: できごと