hana

高根町の清里朝日ケ丘牧場通りで、5月15日、「春の花植」が行われ、道路沿いのプランターには、チェリーセージやバーベナ、千日紅など色とりどりの花が植えられ、訪れた人の目を楽しませそう。

春の花植は、毎年ゴールデンウィーク後に行っているもので、今回はプランター約90個に約1200株の花を植えた。

当日は関係者約50人が参加し、清里丘の公園入口交差点からJR小海線の踏み切り前まで約3㌔にわたって、花苗の植栽活動を実施した。

 

60代になったら家族に残す言葉を考える

文章制作から撮影、製本まですべてお任せでできる。

自分史マガジン

http://morinchu.jp


カテゴリー: できごと