高齢者の介護支援施設を運営する有限会社ほくと夢ポケット(原富士子代表)では、長坂インターチェンジ前のきららシティで「夢ポケット作品展」を開いている。

この作品展は、1号館から4号館までの利用者が製作したストラップや小物、川柳、手縫いぞうきんなど、20種類を紹介しているもので、初日の15日には、施設利用者が展示会場を訪れ、作品を観賞した。展示は、6月18日まで。入場は自由。問い合わせは☎47・6661まで。

 

60代になったら家族に残す言葉を考える

文章制作から撮影、製本まですべてお任せでできる。

自分史マガジン

http://morinchu.jp


カテゴリー: できごと