身曾岐神社で、夏越の大祓式

投稿者: | 2017年7月14日

今年1年の半分を締めくくる6月30日、小淵沢町の身曾岐神社で、半年の間に身に付いた罪や穢れなどを祓う儀式の「夏越(なごし)の大祓式」が開催され、県内外から約160人が参列した。

神事は瑞松宮で行われ、当日の参列者や全国から送られてきたという穢れを託した人形(ひとがた)と車についた災厄を移した車形(くるまがた)を、葦で編んだ約2・4㍍の船に乗せ、水祥殿へと納めた。

また、本殿前には、直径約2・7㍍の「茅の輪」が設置され、神職や参拝者は、茅の輪を8の字にくぐって無病息災を祈念した。