星空は宝物

投稿者: | 2017年8月3日

私が生まれ育った清里の夜は真っ暗…というより真っ黒で、それはそれは、星空が素晴らしくきれいな所です。

幸せな時も悲しい時も満天の星空を眺めては癒され、励まされてきました。

ですから、私がここまで星空に魅せられたのは、この環境があったからだと思います。

自動車の免許証を取得してからは、夜中の星空観賞が趣味となり、自分だけの観賞ポイントを探すのが楽しくなりました。今思えば若い娘が夜中に車でウロウロして…よくぞ何事もなかったものです。

初めて都心に出た時の驚きは、光り輝くネオン、そしてショックだったのは、星が見えない空でした。夜空を見上げれば、星が見えるのは当たり前だと思っていたからなんですね。

星が見える空、星が見える場所は本当に貴重なんだなぁと思いませんか?

さて、夏の星空といえば〝夏の大三角〟が代表的。

はくちょう座のデネブ、こと座のベガ(おりひめ星)、そしてわし座のアルタイル(ひこ星)の3つからつくられる三角形は、どの星も明るい1等星ですから、誰でも見つけやすいと思います。今はスマートフォンを空にかざして観られる星座表などもあるので活用するとよいかもしれませんね。

夏休みは、多少の夜更かしもOK!という事にして…是非、ご家族での星空観賞を楽しんでいただきたいと思います。

(文:立岩優子)