朝焼け

太陽が地平線に近い時(朝、夕)は、厚い大気層を通過することになり、太陽光線のなかの波長の短い青色系は空気中のチリ、ホコリなどによって散乱、消失し、波長の長い赤色系だけが地表に届き空を赤く染める。火星の夕焼けは大気成分の違いで青くみえるとのこと。

写真の朝焼けは、2015年10月27日午前6時00分、墨汁で描いたような墨黒雲にチロリと火がつき、赤く燃え、オレンジに輝き、黒く眠っていた金峰山、瑞牆山が目を覚ます。

陽が上り、オレンジの光は空の青に溶けて朝焼けが終わる。青空に金峰山五丈岩が浮かぶ。

朝焼けは雨、夕焼けは晴れという。その日、大泉は快晴、18・2度でした。 (写真・文)俵一雄

※撮影:清里高原大橋


    清里フォトアートミュージアム

    有限会社浅川建工

    株式会社北杜星

    有限会社アサカ自動車

SEARCH

杜人

杜人

エジソンの会

WebTodayはスマホ対応です。QRコード

自分史フェスティバル2017自分史

NEWSカテゴリー

くらしできごと

ズームアイ 市内の写真クラブの作品紹介

八ヶ岳・自然散策 市内の自然クラブの会員による投稿コーナー

見上げてごらん

徒歩徒歩 北杜市のトレッキングクラブの寄稿コーナー

木洩れ日 本紙がピックアップした情報コーナー

NEWSアーカイブ

連絡先

八ヶ岳ジャーナル
北杜市須玉町若神子3931
TEL0551-45-7789
FAX0551-35-9200
info@webtoday.jp
韮崎ジャーナル
韮崎市若宮1-3-18 若宮ビル2F
TEL0551-45-6885
FAX0551-45-7370
株式会社ピー・エス・ワイ
北杜市須玉町若神子3931
TEL0551-42-2346
FAX0551-42-2726
info@morinchu.jp

sakura