美術館で、ジャズコンサート

須玉町の工藤耀日美術館(旧増富中学校)で、9月2日、ジャズコンサートが開催された。市内外から訪れた約130人が、芸術とジャズの共演に酔いしれた。

このコンサートは、支え合いの町づくりと地域住民の健康増進を目的に活動する「ますとみ元気会」でつくる同実行委員会(関武己委員長)が主催したイベントで、家にこもりがちな高齢者が外出する機会をつくり、芸術と音楽を楽しんでもらおうと企画。

同日は、天井や壁面に龍や天女が描かれた体育館を会場にして、県内を中心に活動するジャズ・マーケットが、「ムーンライト・セレナーデ」や「バーボン・ストリート・パレード」などの8曲を披露。

また、フラダンスショーやピアノ演奏、ますとみ元気会による合唱なども行われ、会場を盛り上げた。

 

 

60代になったら家族に残す言葉を考える

文章制作から撮影、製本まですべてお任せできる

自分史マガジン