施設利用者が、一堂に集まり「倖流祭」

通所介護や居宅介護支援などを行っている高根町の有限会社ほくと夢ポケット(原富士子代表)では、10月15日に、施設利用者や家族などを迎えた「第5回倖流祭」を長坂町の3号館で開き、約50人が参加した。

当日はよさこい踊りや太鼓演奏、各事業所の利用者が練習を重ねてまとめた映像の上映会、職員発表のほか、手縫い雑巾や箸置き、貼り絵、フェルトなどの作品展示を行った。

また、昼食では利用者が参加した「ほうとうづくり」も行われ、「おふくろの味」として参加者に振る舞われた。