中秋の名月の10月5日、小淵沢町の身曾岐神社で「観月祭」が行われた。

この観月祭は、旧暦の8月15日に月を観賞するもので、月の神「月読命(つきよみのみこと)」に感謝の誠を捧げ、美しい月を愛でると供に、秋の収穫に感謝するもの。

また、能舞台では浦安の舞いが奉納され、能楽殿上に昇る月と舞台をカメラで撮影する姿がみられた。


カテゴリー: くらし