実際の物件見て聞いて「空き家マッチングツアー」開催

 韮崎市内への移住を検討する県外在住者を対象にした「空き家マッチングツアー」が、11月11日に初めて開かれ、首都圏から2組6人が参加した。韮崎市企画財政課の主催。

このマッチングツアーは、空き家バンク物件の見学や「にらさき移住応援団」のメンバーとの交流会などを実施し、参加者に市内への移住を促進しようと行われたもの。

当日は、竜岡町や大草町、神山町の物件4件をバスで移動して見学。穂坂町の飲食店で行われた移住応援団との交流会では、参加者から市内に移住したきっかけや、市内の住み心地などの質問が上がり、「自然が豊かで、天候が安定している」、「さりげない気遣いができる人が近隣に多い」などと回答していた。

同課では「空き家コーディネーターを含めたツアーも検討している」とし、今後も継続的に同ツアーを実施していくという。

木村明弘さん(43)は、昨年1月に開かれた「移住体験ツアー」の参加後から、「農業の手伝いなどで韮崎市に毎月訪れている」といい、「富士山や八ヶ岳を望める景色が良い。寒暖差が少なく住みやすいイメージもあるので、来年にも移住したい」と移住に前向きであることを語った。

◎60代になったら家族に残す言葉を考える

文章制作から撮影、製本まですべてお任せでできる。

自分史マガジン

http://morinchu.jp