ミニトマトスパンコールの装い

 初夏の朝、庭に出ると小さな黄色い花が目に入ってきた。枝にびっしり微細な水玉がついている。

よく見ると、ビーズみたいな水滴だ。早速カメラを三脚にセットして、じっくり取り組んだ。スッキリした背景を選び、被写体を浮き上がらせた。

水滴の立体感を表すには、マクロレンズの特性を生かし被写界深度を浅くしたり、と楽しい時間だ。

一方では、自己満足だけでなく、どうしたら感じた美を共感してもらえるか。これしかないと決めつけてしまいそうな固い頭を揺すって、「縦で撮ったら横位置も」と言い聞かせる。

俳句ではないが、「見て、感じて、考えて」の三つの〝て〟は、写真でも生きている。ちなみに、毛状突起の水玉は、余分な水が吐き出されたものと思っていたが、そんな機能はないらしいので、夜露か霧かもしれない。

(文・写真 高木宥)