例年よりも早く、オオムラサキの羽化始まる

「森の宝石」ともいわれている国蝶オオムラサキの羽化が、長坂町の北杜市オオムラサキセンターで始まった。同センターでは「例年に比べて一週間ほど早い羽化」と話している。

オオムラサキの羽化は、例年だと6月20日前後といわれているが、今年の羽化の確認は12日で、約1週間早い羽化になった。また、「7月末までオオムラサキの舞いを楽しむことができる」と話している。

写真を撮影した16日には、オオムラサキを一目見ようと生態観察施設「びばりうむ長坂」を訪れる親子連れも多く、幼虫や蛹、天井近くを舞うオオムラサキを目で追っていた。

問い合わせは☎32・6648まで。

http://oomurasaki.net