開館8周年「ニコリ祭」、多くの人出でにぎわう

 年間延べ約50万人以上が利用するといわれる韮崎市民交流センターニコリの開館8周年を記念した「ニコリ祭」(株式会社まあめいく主催)が、9月1日、同所で開かれ、多くの来場者でにぎわった。

ニコリは、多世代が集い、交流するまちづくりの拠点として2011年9月にオープン。開館以来、多様なイベントや展示、市民の集いの場として利用され、昨年度末までに延べ約343万人が来館している。

当日は、ニコリ内に入居する子育て支援センターや市立大村記念図書館など約20の施設や団体が飲食やワークショップなどのブースを設けた。

また、今年5月から韮崎市中央公民館が中心になって制作を進めていた神山町の民話「為朝(ためとも)さん」の大型紙芝居が同公民館ボランティアの朗読で初披露され、約60人が聞き入っていた。

 

◎60代になったら家族に残す言葉を考える。文章制作から撮影、製本まですべてお任せでできる。

自分史マガジン https://morinchu.jp