韮崎エリア

けん引式車いすで甘利山登山

 旭町の甘利山(1731㍍)で6月11日、北杜市の社会福祉法人緑樹会明山荘小規模多機能型居宅介護事業所による「甘利山登山」が開かれ、要介護認定を受けている同事業所の利用者2人と介護福祉士やボランティアなど9人の計11人が登山を楽しんだ。

 この登山は、「歳を重ねて体が不自由になっても、好きなことに取り組み、生きがいや達成感を味わってもらおう」と、2018年から毎年2〜4回、明山荘の利用者を対象に実施している。

 当日は、同事業所の職員やボランティアスタッフのサポートを受けながら、オフロードタイヤを装着したけん引式の車いすに利用者が乗り、甲府盆地の景色や満開のレンゲツツジなどを楽しみながら甘利山駐車場から山頂までの約1㌔を約1時間30分かけて登った。

 北杜市から参加した三井あい子さん(84)は、「前回甘利山に来た時はツツジの見頃を過ぎていた。今回はきれいな花を見ることができて楽しかったです。天気も良くて最高の気分」と笑顔で話した。

 

◎60代になったら家族に残す言葉を考える。文章制作から撮影、製本まですべてお任せでできる。

自分史マガジン https://morinchu.jp