6月定例市議会は、10日に開会

六月五日、六月定例市議会を前に記者会見が市役所で開かれた。六月定例市議会の会期は、十日〜二十七日までで、各会派の代表質問は二十五日、一般質問は二十六日の予定。
六月定例市議会では、一般会計補正予算に8億1731万円を追加補正し、総額302億8619万円とする補正予算案や報告や承認など十八議案を提出する。
今回の補正予算では、今年二月の記録的な大雪による農業用ハウスなどの災害廃棄物の撤去、農業生産に必要な施設の復旧経費の助成などに重点を置き、約7億円を計上している。
一方、須玉町若神子に建設する「子育て支援住宅」が、ミキハウス子育て総研株式会社の「子育てにやさしい住まいと環境物件」に認定したことを報告した。
市町村で運営する公営住宅としては全国第一号の認定。同住宅の計画では、三階建て十八戸で、子育て世代が入居対象。家賃は三万五千円から居住環境によって料金は変動するが、所得制限などは設けない構想。
住宅建設資金を貯めやすい環境をつくることで、市内への定住促進を図ることにしている。