平山郁夫作品を市に寄贈

0115.gif

長坂町の平山郁夫シルクロード美術館(平山美知子館長)では、平山郁夫氏が亡くなって三回忌にあたることと、市民への感謝を込めて、一月十三日、北杜市に「黎明の富士」(平山郁夫作)のリトグラフを寄贈した。

当日は、平山館長が市役所を訪れ、白倉政司市長に、リトグラフ作品を手渡した。

寄贈された「黎明の富士」は、縦約四十五センチ、横約六十センチ。平山氏が生前、小荒間の三分一湧水館の展望台から描き始めたもので、富士山の描写を求めて、山中湖に移動して仕上げた作品という。