くらし

「夏の夕べ おはなしコンサート」のリハーサル

   たかね図書館ボランティアサークル「おはなしの会こだま」(小澤治子会長)は、七月三十日に「夏の夕べ おはなしコンサート」を開催するため、今月一日に高根ふれあい交流ホールでリハーサルを行った。

「夏の夕べ おはなしコンサート」は、ヴァイオリンとピアノの演奏とともに物語の世界を味わってもらいたいと企画され、当日は高橋俊之さん(ヴァイオリン)と高橋晶子さん(ピアノ)を迎え、その演奏に合わせて、おはなしの会こだまのメンバー五人が「白鳥の湖」と「ヤギとライオン」の物語を朗読する。

コンサート後半には、エプロンシアターや、ピアノとヴァイオリンの演奏もあり、ディズニーやスタジオジブリの曲で、観客も交え歌って楽しめるものにする予定。

一日のリハーサルは、こだまのメンバーだけで行い、物語のイメージが膨らむよう、照明や舞台の立ち位置、衣裳などの確認をした。

メンバーの谷芙美子さんは、「小さい子供から大人まで楽しめるファミリーコンサートを目指しています。赤ちゃん連れでも気軽に来ていただき、大勢の方に語りと演奏の『音の世界』を味わい、想像を膨らませてほしい」といい、小澤会長は「高橋さんご夫妻の演奏を多くの子供たちに聴かせてあげたいと思いました。夏の夜、家族で楽しんでほしいし、私たちも楽しんでやりたい」と話している。

「夏の夕べ おはなしコンサート」は、午後六時半開場、入場は無料。また、子ども夢基金(独立行政法人国立青少年教育振興機構)助成活動で開催される。問い合わせは電話47-4784(たかね図書館)まで。