〝ふわっとろっ〟たまご焼きサンド

 

明治8年に建てられた擬洋風木造校舎の津金学校。校舎1階の教室を利用した「明治カフェ」(望月清美さん)では、ジューシーな「たまご焼きサンド」(税込450円)が楽しめます。

日当たりのいい窓際の席に座り、早速たまご焼きサンドを注文。ゆったりとした時間が流れる店内で、木のぬくもりや学校の面影を感じながら出来上がるのを待ちます。

「どうぞ召し上がれ」。厚焼きの玉子がぎっしり詰まっています。口いっぱいにほお張ると、パンはサクサクで、玉子は〝ふわっ、とろっ〟。食パンは、地元のパン屋からこだわりの薄さで仕入れていて、玉子とパンのバランスがグッドです。

味の決め手は、ソースと粒マスタード。望月さんの家が目玉焼きはソース派だからとか。

当初からあるメニューで、口コミで知って注文する人が多いそう。望月さんは、「素朴な味ですが、おいしいので是非」と話しています。

津金陶芸部の作品や市内外の作家さんの作品も販売しています。

 

◇明治カフェ 須玉町下津金2963 水曜休み 問い合わせは☎20・7100