韮崎市長選で無投票再選、内藤市長に当選証書付与

11月4日に告示された韮崎市長選挙で無投票再選を果たした現職の内藤久夫市長(64)の当選証書付与式が、13日、韮崎市役所で行われた。

付与式では、市の選挙管理委員会の保坂孝夫委員長が、内藤市長に当選証書を手渡し、「重責と市民の期待を背負った上で、韮崎市の一層の躍進と発展に貢献してもらえるようお願いする」と激励した。

内藤市長は閉式後の報道陣の取材に対し、「1期目で市政を担う重みを感じている分、2期目の責任の重大さを認識している。人口減少対策を柱に教育や住宅政策を推進していく」と決意を述べた。

また、同日は市長選と同時に行われた市議会議員補欠選挙(2議席)で無投票当選した功刀正広氏(52)と秋山祥司氏(57)にも当選証書が付与された。

市長の任期は11月28日から2022年11月27日までで、市議会議員は11月12日から来年10月9日まで。