韮崎市の民話や史跡を動画で発信

韮崎市中央公民館では、新型コロナウイルス感染拡大防止対策で6月末までの主催事業を中止、または延期していることから、昨年度に実施した史跡巡りをはじめ、紙芝居制作などの公民館活動を多くの人に紹介しようと、5月29日から動画配信サイト「YouTube(ユーチューブ)」で配信を始めた。

現在配信している動画は、新府城を解説する「ウルカッパ探検隊 春の新府城に行こう!」(8分7秒)や紙芝居「窟屋観音(あなかんのん)物語」(15分30秒)など3本で、4月25日から音声収録や撮影を行ってきたという。

今後は、円野町の民話「つぶら姫」や清哲町の民話「鍛冶屋堀のお菊」などの紙芝居動画を制作する予定。

中央公民館の青木洋子主事は、「これまではイベントに参加した人にしか紹介できなかった紙芝居や史跡の解説が、動画でより多くの人に知ってもらえる。市民の郷土愛も育めれば」と期待を寄せている。

動画は、ユーチューブで「韮崎市中央公民館」と検索すると視聴できる。

問い合わせは℡20・1115まで。

 

◎60代になったら家族に残す言葉を考える。文章制作から撮影、製本まですべてお任せでできる。

自分史マガジン https://morinchu.jp