北杜よさこい祭り、500人が華麗に躍動

投稿者: | 2017年9月15日

「行くじゃんけ、踊るじゃんけ」を合言葉に、県内外のよさこいチームが力強い舞いを披露する「第4回北杜よさこい祭り」が、9月10日、高根町の八ヶ岳やまびこホールで開催された。北杜市を拠点に活動するよさこいチーム「甲斐の国小粋」の主催。

当日は、県内をはじめ、長野県や首都圏、愛知県の約30チームが参加。駐車場やホール内に開設された3つの会場で、華やかな衣装を身にまとった総勢約500人の踊り子たちが、地域の文化や伝統などを取り入れた特色ある舞いを披露した。

また、同イベントで3回連続の大賞を受賞した「無限翔風」(長野県岡谷市)が特別出演したほか、各団体の団旗が一斉に振られる「フラフショー」や、出演団体が一斉に踊る「総踊り」なども行われ、来場者から大きな拍手が送られた。

甲斐の国小粋の輿水稔代表は、「年々参加チームが増えてきている。多くの人によさこいを知ってもらえるよう、40チームの参加を目標にして、今後も頑張っていきたい」と語った。

◆主な大会結果

▽大賞「甲州YOSAKOI凛舞増穂」(富士川町)

▽準大賞「楓穴会」(静岡県御殿場市)

▽優秀賞「零zero」(愛知県豊田市)

 

60代になったら家族に残す言葉を考える

文章制作から撮影、製本まですべてお任せできる

自分史マガジン