北の杜吹奏楽団が、初の定期演奏会

0615.gif

平成十九年に結成し、白州町の白州農村婦人の家を練習会場にして活動を続けている「北の杜吹奏楽団」(長坂章団長)が、六月十三日、結成後はじめての「第一回定期演奏会」を長坂コミュニティ・ステーションで開催した。

当日は、アルヴァーマ序曲で開幕。あいさつに立った長坂団長は「響きを大切に日々活動してきました。響きを一つでも感じていただければ嬉しいです」と語った。

会場には、約三百人が詰めかけ、マーチの青空と太陽や大河ドラマメドレー、マイ・フェア・レディーなど、様々なジャンルの曲を紹介。日頃の練習の成果の披露に、会場から大きな拍手が贈られた。