秋の全国交通安全運動始まる

「乗せるのは君の宝(かぞく)とその未来(あした)」をスローガンに、9月21日〜30日まで、「秋の全国交通安全運動」が行われている。

初日の21日の朝には、JR長坂駅前に街頭指導所が開設され、通勤・通学で駅を利用する人に、反射材などの防犯グッズを配付しながら、交通安全を呼びかけた。

指導所開設前の開会のあいさつでは、「安心・安全で無事故であることを思う心を持ちながら、安全を呼びかけたい」(渡辺英子市長)や、日が暮れる時間が早くなっていることから「3H運動の早めのライト点灯、ハイビームの活用、反射材の使用を自ら実践することをお願いしたい」(天野英知北杜警察署長)と話した。

期間中は「飲酒運転の根絶」、「子供と高齢者の交通事故防止」などを目的に、市内各地で交通安全が呼びかけられる。