イルミネーションで駅前を華やかに、来年1月14日まで

 JR韮崎駅前広場を彩る恒例の「イルミネーション点灯式」(韮崎市主催)が11月19日に開かれ、親子連れや駅利用者など約100人が集まった。今年で17回目。

このイルミネーションは、市の産業観光課が韮崎市の冬の観光スポットとして市内外にPRしようと企画。約4万球のLEDライトを使用し、白色と金色をメインにした高さ約7㍍のツリーをはじめ、記念撮影ができるハート形のイルミネーションなどが飾られている。

点灯式には、親子約20組とニーラがツリーを囲んでカウントダウンを行い、イルミネーションに一斉に明かりがともると、会場から歓声が上がった。

続いて、県内や首都圏などで活動するポップスユニット「ティル・ナ・ノーグ」によるゴスペルミニコンサートも開かれ会場を盛り上げた。

イルミネーションは、来年1月14日までの期間、毎日午後5時〜午後10時まで点灯する予定。

◎60代になったら家族に残す言葉を考える

文章制作から撮影、製本まですべてお任せでできる。

自分史マガジン

http://morinchu.jp