フォトフェスタ作品展開催中

 

新型コロナウイルスの感染拡大を予防するため、展示を見送っていた「八ヶ岳フォトフェスタ」(同実行委員会・林史記代表)の2019年入賞作品展が6月12日〜22まで、県立八ヶ岳自然ふれあいセンターで開かれている。

このフォトフェスタは、八ヶ岳周辺地域の環境の良さを発信し、旅行客が期待を持って訪れる地域にしようと行われているもので、今回で4回目。応募総数は118点で、選考委員によって選ばれた45点を展示している。

入賞作品は「夏が来た!」や「八ケ岳の麓で、幸せ見つけました」、「八ヶ岳サンド」など、夕焼けや桜、冬の八ヶ岳など、季節の一枚を切り取った意欲作品が並んでいる。

同フェスタ実行委員会では、8月10日〜9月30日まで、第5回「私の八ヶ岳フォトセッション」と題して思い出の写真作品の募集を行う。1人3点まで。

一方、「八ヶ岳フォトフェスタスタッフ写真展」が、7月8日〜20日まで、県立八ヶ岳自然ふれあいセンターで開かれる。同実行委員会の実行委員が作品を持ち寄って紹介するもので、30点以上の作品が並ぶ予定。

詳しくはホームページまで。http://photo.yatsugatake.net