新型コロナの収束願う、姫宮神社例大祭

本町にある姫宮神社で、8月15日、「姫宮神社例大祭」(姫宮神社祭典委員会主催)が開かれ、関係者8人が五穀豊穣や新型コロナウイルスの早期収束などを願った。

今年は新型コロナウイルス感染拡大防止対策のため、下宿と5丁目自治会を練り歩く神輿渡御(みこしとぎょ)や境内で行う奉納相撲などを取り止め、同神社祭典委員会や同神社奉賛会の役員だけで神事のみが行われた。

神事では、藤原永起宮司が祝詞を奏上。出席者たちは玉串を奉てんして、地域の安全や疫病退散を祈願した。

祭典後、同祭典委員会の高柳喜代一委員長は、「奉納相撲や縁日が中止なり残念ではあるが、地域の皆さんの健康を考え規模を縮小せざるを得なかった。来年は新型コロナが収束し、例年通り開けることを祈っている」と話した。

◎60代になったら家族に残す言葉を考える。文章制作から撮影、製本まですべてお任せでできる。

自分史マガジン https://morinchu.jp