田んぼに「やまね」、稲絵アートが見頃

投稿者: | 2018年7月25日

 

田んぼに緑や紫、黄色に色づく稲を植えて巨大な絵を描く「稲絵アート」が、国道141号線沿いの高根町箕輪新町の田んぼで見頃を迎えている。

今年は、地域と観光を結びつけて市民に愛着を持ってもらおうとデザインを一般公募し、市立長坂小学校のモリーナ・ビクトリアさんの作品「やまね」が選ばれた。

田んぼには、木の幹にあいた穴から顔をのぞかせる愛らしいやまねの姿が登場し、訪れる人の目を楽しませている。