八ヶ岳南麓の桜

八ヶ岳南麓の桜は標高差や種別で長い間楽しめる。4月中旬、車で走っていると、あちこちで咲き誇る枝垂れ桜を見ることができる。

ふと気が付けばそれらは皆樹齢が20年程であるのを不思議に感じていた。なかでも写真の所は30本程の見事な枝垂れ桜の並木である。

毎年時期になると花見に行くが、北に八ヶ岳、南に甲斐駒が見える。この場所の枝垂れ桜の並木は観光客はおろか地元の人にも会うことは希であり、独り占めでぜい沢なお花見が楽しめる秘密の楽園である。

調べてみると、これらは神田の大糸桜の子供たちで、20数年前に大糸桜の穂木200本程を採り、育苗して町内の希望者に分けたものだという。この場所が観光地化されないことを切に願う。このように名だたる名所ではない密かな名所を探すのも一興かと思う。(文・写真 最上丈夫)