敬老の日に、慰問演奏

投稿者: | 2011年9月20日

0920.gif

敬老の日の九月十九日、市立甲陵中学校と甲陵高等学校の生徒十一人が、長坂町の介護老人保健施設「シルバーケアホーム」を慰問し、筝曲の演奏会を開いた。

甲陵中・高の筝曲部は「お筝なでしこ」(中村稔顧問)という部名で、平成十六年に同校に中学校が併設された際に創部し、毎年、芸文祭や老人ホームの慰問などで練習曲を披露している。

筝曲演奏会には、同ホームの利用者約四十人が集まり、生徒たちは「飛躍」や「黒田節」、「春興」などのほか、赤とんぼなどのメドレーでは、参加者も一緒に合唱した。