JR韮崎駅周辺で、ごみ拾い活動

韮崎市内で奉仕活動などに取り組んでいるガールスカウト山梨県連盟第9団(小池洋子団員長)は、9月8日、新山梨たばこ商業協同組合韮崎支部(岩下美枝支部長)と協力して、JR韮崎駅周辺の清掃活動を行った。

この活動は、通学や通勤、観光などの玄関口になっている駅とその周辺を清掃し、気持ちよく駅を利用してもらおうと2017年から合同で年2回実施している。

当日は、ガールスカウトのメンバーや同支部の部員など約30人が参加。トングを片手に自動販売機の下やベンチの隙間などをくまなく見て回り、たばこの吸い殻や空き缶、壊れた傘など、約30分で40㍑のごみ袋6袋分を回収した。

参加した甲斐市立双葉西小学校3年の丸山美咲さんは、「たばこの吸い殻がたくさん落ちていた。ごみが落ちているのは悲しいので、捨てないでほしい」と話した。

◎60代になったら家族に残す言葉を考える。文章制作から撮影、製本まですべてお任せでできる。

自分史マガジン https://morinchu.jp