七賢が、手指消毒用エタノールを市に寄贈

新型コロナウィルス感染拡大を予防するための手指消毒液が不足していることから、手指消毒用高濃度エタノールの生産を開始した山梨銘醸株式会社(白州町)では、5月14日、北杜市役所を訪れ、18日から発売を開始する「七賢 高濃度エタノール65」(300㍉㍑・900円税別)を480本寄贈する目録を渡辺英子市長に手渡した。

渡辺市長は「消毒液が少なくなっていて、病院でもアルコール消毒の不安を抱えながらやっている。みんなさんも喜ぶと思います」と感謝の言葉を述べた。

同社では、「やむを得ない場合に限り、高濃度エタノール製品を手指消毒用エタノールの代替品として用いることは差し支えない」(厚生労働省医政局)の発表を受け、北原対馬代表は、「七賢 高濃度エタノール65」の生産を行うことを決めた。今月18日からで、山梨県を中心に出荷を開始するという。

問い合わせは☎35・2236まで。