金精軒で、写真家5人による写真展

北杜市で写真家として活動する5人による写真展「五人の八ヶ岳南麓写真家『集・結・展』〜それぞれのステージセカンド〜」が、白州町の金精軒ギャラリーで開かれている。10月30日まで展示。

この写真展は、今年1月に第1回目を開いたもので、高根町在住の写真家・井上嘉代子さんが「いろんな人と集まって話しをしたいのと、北杜市から写真文化を広めたい」と仲間に声をかけたのが始まり。

今回2回目の写真展では、井上さんをはじめ、松村誠さん、飯塚元彦さん、津島隆雄さん、田口正寛さんの5人が、仕事とは異なった作品を中心に、1人5、6点の作品を持ち込んでいるもので、風景や山岳写真、星空など、一瞬を切り取った作品が並ぶ。

また、白州台ヶ原地域では、今月18日〜20日にかけて恒例の「台ヶ原宿市」が開かれることから、台風19号による豪雨被害の被災地に向けた義援金を募るため、ポストカードなどの販売を予定しており、売上げの一部を送ることにしている。募集は30日まで。

問い合わせは☎0551-35-2246まで。