「4月3日のひろば」の呼び掛けによって行われた「はじめのいっぽパレード」が三月十一日に開かれ、約二百五十人が参加した。

このパレードは、「『さよなら原発』脱原発一〇〇〇万人アクション」として行われたもので、当日は、JR小淵沢駅に集合。参加者は「脱原発」をはじめ、「浜岡原発あぶない」、「NO原発」などのプラカードを掲げ、スパティオ小淵沢までの約四㌔の区間を歩いた。

また、市内では、東日本大震災の犠牲者の冥福と一日も早い復興を祈り、大地震が発生した午後二時四十六分に防災無線によって、黙とうが呼び掛けられた。


カテゴリー: くらし